エクステリア

外構業者の選び方!失敗もしたわが家の体験談

miyuki
miyuki
こんにちは!miyuki(@miyuki_garden)です。
新築の注文住宅に住み始めて3年半が経ちました。
更地だったので、エクステリアを外構業者にお願いしました。

念願だった新築一戸建て。

私の周りでも、新築一戸建てに住み始めた友達が増えてきています。

その中でよく聞くのが、

外構費用が思ったより高くなってしまった。
イメージしてたのと違ってしまった。

という声です。

実際、わが家も義父が選んだ地元の外構業者にお願いしたら、こちらのイメージがまったく伝わらず、金額もあいまいで、話にならなかったちめ、途中で別の業者に変えたという失敗がありました。

注文住宅で家を建てた場合、家のことで頭がいっぱいになってしまって、外構のことは適当になりがち。デザインや金額の面で、失敗しやすいです。

そうならないためにも、外構業者はとことん検討してから、しっかり選びたいところ!

外構をお願いする会社によって、費用やデザイン、工事の質が全然違うんですよ。

miyuki
miyuki
納得のいく外構にすれば、家に帰ってくるのがより楽しみになる!外構費用をうかせれば、インテリアや植栽をもっとこだわれるよ

わが家の失敗体験をもとに、失敗しない外構業者の選び方を紹介します。

 

どんな外構業者がある?特徴まとめ

miyuki
miyuki
外構業者はおもに3つに分けられる

特徴を詳しくみていきましょう。

住宅メーカーのエクステリア部門・グループ会社

大手の住宅メーカーならたいてい、エクステリアを担当している部署やグループ会社があります。

miyuki
miyuki
わが家を建ててもらった『桧家住宅』でも外構をしてもらうことができました。

住宅メーカーを通す最大のメリットは、「家づくりの延長線上で話ができる」ということです。

住宅メーカーを通しているので、品質も間違いなく、安心できるでしょう。

住宅メーカーのエクステリア部門・グループ会社会社の特徴まとめ

【メリット】

  •  信頼性が高い。
  •  アフターサービスがしっかりしている。
  •  外構業者を探す手間が省ける。
  •  相談がスムーズにできる。
  •  家と同時に工事が行える。
  •  建物とトータルして、ローンが組める。

【デメリット】

  •  住宅メーカーの仲介という形になるので、費用が高くなる。
  •  外構をやってくれる業者と現場が遠いと、重機の運搬代など、余計に費用がかかる。
  •  住宅メーカーの人は、外構工事の専門家ではない。
  •  行動が遅い傾向にある。

住宅メーカーを通すのは、『お金をかけてもいいから、外構業者を選ぶ手間なく、安心できるところにお願いしたい』という人におすすめです。

ホームセンターのエクステリア部門

大きめのホームセンターには、エクステリア部門があります。

ホームセンターの一角に、相談カウンターを構えていることが多いです。

ホームセンターの魅力は、なによりも足を運びやすいこと!

買い物に行ったついでに、門扉やカーポートなどの実物を見られたり、カタログをもらえたりするのも便利です。

あまり積極的な営業はしてこないので、「まだちょっと見たいだけ」という最初の段階に見に行くと、外構のイメージがわきやすくなりますよ。

ホームセンターのエクステリア部門の特徴まとめ

【メリット】

  •  たいてい家の近くに店があるので、足を運びやすい。
  •  門扉やカーポートなどの実物を見ることができる。
  •  無理な営業をされない。
  •  工事に使う資材・材料が安い。

【デメリット】

  •  あまり提案をしてこない。

ホームセンターのエクステリア部門は、『家の近くのホームセンターで、気軽に相談したい』という人にピッタリです。

地元の外構業者

地元の外構業者にお願いすることもできます。

miyuki
miyuki
わが家の外構は地元の外構業者にお願いしました。

地元の外構業者は、費用を抑えられるのが魅力的。

外構工事の費用には、外構工事に使う重機などを運ぶ費用まで含まれています。地元の業者なら、この費用が抑えられるのです。

ただし、地元の外構業者は、はっきり言うとピンキリです。

昔ながらの経営の仕方で、はっきりした見積もりや設計図を出さないところもあります。

そのため、いくつかの業者に問い合わせて、比較する必要が出てきます。

比較するの手間はかかりますが、いい業者を見つけられれば、費用も抑えられるし、イメージ通りにもなるし、仕事もていねい、といいことがたくさんありますよ。

地元の外構業者の特徴まとめ

【メリット】

  •  費用が抑えられる。(端数を値引いてくれることも。)
  •  仕事が早い。
  •  融通が利きやすい。
  •  いい業者を選べば、仕事がていねい。

【デメリット】

  •  業者によって、仕事の質がピンキリ。
  •  業者を比較する必要がある。

地元の外構業者は、『費用を極限まで抑えたい。比較して、納得のいく外構業者を見つけたい』という人におすすめです。

 

外構業者を比較するときのポイント

外構業者は、住宅メーカーと違って、口コミなどの情報があまりありません。納得のいく外構にするためにも、いくつか選んで比較することをおすすめします。

  •  住宅メーカー
  •  ホームセンター
  •  地元の外構業者2、3社

の4、5社を比較するとよいです。

外構業者には、「安く仕上げるのが得意」、「おしゃれなデザインがウリ」、「この工事は得意」などのように、得意・不得意があります。

選択を誤ると、「えっこんなはずじゃなかったのにー!」と後悔するハメになるので、よく検討しましょう。

それでは、外構業者の比較する上でのポイントをまとめます。

工事内容にあった外構業者を選ぼう

外構をつくる上で、何を重視するかを考えておくことがとても大切です。そうすると、どの外構業者を選ぶか、必然と決まってきます。

まずは優先順位を決めよう

 家と同時に外構をつくりたい

→住宅メーカー一択

カーポートや物置だけを作りたい

→ホームセンター、地元の外構業者

相談しやすいところがいい

→住宅メーカー、ホームセンター

デザインにこだわりたい

→住宅メーカー、地元の外構業者

費用を抑えたい

→ホームセンター、地元の外構業者

miyuki
miyuki
選択肢を少しずつせばめていこう。

かならず見積もりをとろう

ある程度、絞れたら、気になる外構業者すべてに、見積もりをとるのがポイントです。

外構工事は、会社によって値段設定が大きく違います。

ですので、高いのか安いのかを知るためにも、少なくとも2社の見積もりをとるとよいです。

見積もりはここをチェック!
  •  内訳はきちんと書いてあるか?
  •  よくわからない追加料金はないか?

工事実績を調べよう

外構業者のホームページなどで、工事実績を調べましょう。工事実績を見ることで、「こんな雰囲気にしたい」というイメージが膨らみやすくなり、説明もしやすくなります。

工事実績はここをチェック!
  •  自分好みの施工事例はあるか?

イメージ図を描いてもらおう

外構の具体的なイメージを図にしてもらいましょう。

miyuki
miyuki
わが家の失敗ポイントはここです。

昔からある地元の外構業者によくあるのですが、イメージ図を作らず、口頭で話を進めていくことがあります。

これは絶対にダメです。

うまく伝わらないまま、工事がどんどん進められていくこともあるので、要注意です。

かならず、イメージ図(パース図)を描いてもらいましょう。

外構業者のここをチェック!
  •  口頭だけで話を進めることはないか?
  •  イメージ図(パース図)を描いてもらえるか?

 

これらのことに気をつけて、外構業者を選んでくださいね。

miyuki
miyuki
ツイッター(@miyuki_garden)、インスタグラム(@miyu_garden )もやっています。ぜひご覧ください。
ABOUT ME
miyuki
ガーデニングにはまる、 4歳と0歳の二人の姉妹の母です。 マイホームが完成し、 長い時間を家で過ごすようになって、 大切な家や庭を快適に過ごせる場にしたい と思うようになりました。 そんな経緯で、ガーニングにどっぷりはまり始めました。 どうぞよろしくお願いします。