ブログ運営

iPhoneのカメラで背景のボケた写真を撮影する方法【一眼レフいらず】

miyuki
miyuki
こんにちは!miyuki(@miyuki_garden)です。
ガーデニング以外では、実はカメラも大好きです。
前は、中判のフィルムカメラをメインに使い、カラー暗室に入って、自分で写真を手焼きするほど。
写真展、雑誌掲載なども数多く経験しました。
今は、iPhoneのカメラとCanon6Dを主に使っています。

今は、ほとんどの人がスマートフォンを持っている時代です。『一億総カメラマン時代』とも言われています。

スマートフォンでの撮影は、いつでもどこでも気軽にできるので、便利ですよね。

スマホだけできれいな写真が撮りたい!

誰もが写真を気軽に撮れる時代だからこそ、『人とは違うきれいな写真を撮りたい』という人も多いのではないでしょうか。

この記事はこんな人におすすめ
  •  スマホで撮った写真がいまいちパッとしない。
  •  スマホでも一眼レフみたいに、背景がボケた写真を撮ってみたい。
  •  SNSやブログに映える、きれいでおしゃれな写真を撮りたい。

私はiPhoneを使っているので、iPhoneを使った撮影テクニックをご紹介します。

iPhoneのカメラ撮影・一眼レフ風にぼかす方法は2つ

1.『写真モード』手前に写るものをタップ

【作例1】

iPhoneカメラで一眼レフ風に撮影する方法

この写真は、iPhoneに元から入っているカメラで一番オーソドックスな『写真』モードで撮っています。

撮影のコツ
  1.  手前を意識!手前にしたいものにグッとiPhoneを寄せる。
  2. 手前のものをタップして、ピントを合わせる。(今回は赤マルのあたり)

\ あとは、シャッターボタンを押す。/

miyuki
miyuki
たったの2タップ!超簡単です。

【作例2】


iPhoneの至近距離に、ぼかしたいものを入れて、奥にピントを合わせると、前ボケを作ることができます。

2.『ポートレートモード』を使う

iPhoneの『ポートレートモード』は、すごく優秀です。

『ポートレート』という名前がついていますが、人物撮影だけではなく、あらゆる撮影に使えます。

『ポートレートモード』を使うだけで、簡単に背景をぼかすことができます。

【作例】

iPhoneポートレートモード

背景がきれいにボケていますよね。

撮影のコツ

メインにしたいものにピントを合わせるだけ!

\ あとは、シャッターボタンを押す。/

『ポートレートモード』で撮ると、『写真モード』で撮るよりも、ふんわり柔らかい写真が撮れます。

きれいにボケないこともある!

この写真のように、細めの線が多いと、『ポートレートモード』では、どこにピントを合わせていいのかわからなくなるようで、不自然なボケになります。

miyuki
miyuki
こういうものは、一眼レフを使うのがベスト

番外編・iPhoneを逆さまに構える

iPhoneを逆さまに持って、撮影すると、普段とは違う視点で撮れるのでおもしろいですよ。

【作例】

目線が低くなるので、小人のような視点になります。

地面スレスレにあるものや、お子さんを撮影するときにおすすめ。


iPhoneのカメラで背景のボケた写真を撮影する方法まとめ

一眼レフなどのカメラを使うときにも言えることですが、背景のボケた写真を撮りたいときは、構図だけでなく、『奥行き』を意識することがとても大切です。

奥行きを意識しないで撮った写真がこちら。

iPhoneのカメラでは、このような全体にピントを合わせた写真も撮影できます。

 

iPhoneのカメラはかなり高性能。

使い方次第で、一眼レフ風に撮影することが可能です。

いろんなアングルや方法で、複数枚撮るようにすると、だんだんコツをつかめてきますよ。

 

miyuki
miyuki
ツイッター(@miyuki_garden)、インスタグラム(@miyu_garden )もやっています。ぜひご覧ください。
ABOUT ME
miyuki
ガーデニングにはまる、 4歳と0歳の二人の姉妹の母です。 マイホームが完成し、 長い時間を家で過ごすようになって、 大切な家や庭を快適に過ごせる場にしたい と思うようになりました。 そんな経緯で、ガーニングにどっぷりはまり始めました。 どうぞよろしくお願いします。