仕事・在宅ワーク

私が教員を辞めた理由

私は新卒で一般企業に入社しましたが、その後転職し、数年前まで、教員をしていました。

公務員のイメージは、『安定』だとよく言われます。

どうしてその『安定』した仕事を辞めたのか、辞めた今はどうなのかを書いていきます。

教員を辞めた理由

その1、わが子と過ごす時間を確保したいから

教員になった理由も辞めた理由も『子どもが好きだから』ということでした。

ひとつ違うのは、辞めた理由の『子ども』は、『わが子』のことを指しているということです。

 

子どもが好きで教員になったのに、肝心のわが子との時間が、確実に減るのが目に見えていました。

 

まわりの先生たちや友達の話

まわりの先生たちが、こんな話をしていました。

A先生
A先生
子育てをしてこなかったから、家族写真にはほとんど私は写っていないの。
B先生
B先生
子どもが私よりも保育士さんの方にばっかり行っちゃうのよ。
友達
友達
育休から復帰したら、大変すぎておばあちゃんの助けなしには生活できない!帰りも遅くて、最近は子どもの寝顔しか見てないよ。

 

教員の仕事量

仕事量がかなり多く、やってもやっても終わりが見えません。

一般企業の経験から考えると、『非効率』と感じることが多すぎました。

 

どんな仕事があるかというと、

担任業務、授業準備のほかに、校務分掌(学校運営の業務分担)、研修、学年の仕事などなど。

自分の抱えている仕事だけでなく、校庭のライン引き、行事の会場準備など、時間外の作業もしょっちゅうです。

仕事以外にも、放課後毎日のように行われる、会議

 

休憩時間も勤務時間も名ばかりで、あってないようなものでした。休みのはずの土日に学校に行けば、誰かしら職員室にいます。

うつになって病休をとる先生もたくさんいます。

 

…と、ここまでマイナスなことばかり書いてきましたが、クラスの子どもたちは本当にかわいく感じていました。

クラスの仕事をもっともっとやりたいのに、あまりに多くの事務仕事や雑務がのしかかってくるのです。

 

膨大な仕事量なので、家事や子育てとの両立が難しいのは、明らかでした。

両立には祖父母の協力が必須!とほとんどの先生が言っています。

 

その2、悔いがなかったから

仕事内容はたしかにハードでした。

おそらく、そこいらのブラック企業以上にブラックだと思います。

 

だからと言って、仕事が嫌いだったかと聞かれたら、「そうではない!」と全力で答えます。

 

むしろ、最後に担任したクラスは、すごくよい雰囲気で、良好な関係を築けることができました。

私自身も、子どもたちから多くのことを学ばせてもらいました。

miyuki
miyuki
達成感が大きかったです。

教員を辞めた今は

辞めたことをまったく後悔していません。

むしろ、家族と過ごす時間を存分にもてるので、本当によかったと思います。

 

収入が大幅に減ったことは痛手ですが、

働いていたら今よりも保育料がかかるし、もっと無駄遣いしていたかもしれない

と考えるようにして、今の収入に見合った生活をするようになりました。

 

今は在宅で働き始めて2年が経ちました。『共働き』と言えるほどではなく、ほぼ専業主婦です。

でも、自分なりに時間を調整して働けるのは、とてもありがたいです。

これからも家族との時間を大切にしていきたいと思っています。

 

 

ABOUT ME
miyuki
ガーデニングにはまる、 4歳と0歳の二人の姉妹の母です。 マイホームが完成し、 長い時間を家で過ごすようになって、 大切な家や庭を快適に過ごせる場にしたい と思うようになりました。 そんな経緯で、ガーニングにどっぷりはまり始めました。 どうぞよろしくお願いします。